htmlの役割とは?について

htmlの役割とは?

ウェブデザイナーなどはわかると思いますが、htmlというのはウェブにおけるプログラミング言語のようなものです。
htmlを制作してホームページを制作するのが基本です。
しかし、他のプログラミング言語などと比べると敷居が低く、誰でも始めやすいと言われています!なので、もしプログラムの世界に興味があるというのであれば、htmlから覚えてみると良いでしょう!
今回はhtmlのメリットとデメリット紹介します。

□htmlのメリット!
覚えやすいというのはhtmlのメリットではないでしょうか?
そのため、初心者でも利用できやすいのですが、決してすぐに覚えられるようなことはありませんし、常にhtmlというのは進化しているので、覚え続ける必要があります。
続いてhtmlのデメリットというのはそれほどある訳ではありませんが、htmlを覚えても結局は他のソフトを利用してデザインをするので、htmlを覚えたからと言ってウェブデザイナーになれる訳ではありません。

webページを記述するためのHTML言語

HTMLは、webページを記述するための言語です。現在のインターネットで閲覧可能なホームページのほとんどは、この言語にて記述されています。ホームページ上に表示される文字の大きさや色を自由自在に設計することが可能で、ドキュメントから他のドキュメントにジャンプするハイパーリンク機能などを設定することができます。また、ホームページの中に、画像やリスト、表などを埋め込むことが可能で、ホームページの多彩な表現を可能にしています。基本的にはテキストエディタで記載することができる言語で、作成されるファイルもテキストエディタで参照と編集が可能です。本ファイルをインターネットブラウザにて表示することによりホームページとして表示されるようになります。現在は、HTML言語を直接記載するホームページ設計者は非常に少なく、対応したワードプロセッサーアプリケーションや、ホームページ作成専用のアプリケーションソフトを使用して設計する人が多いです。その場合は、デスクトップパブリッシングにより、ワードプロセッサーにて文書を作るような感覚で簡単にホームページを作ることが可能で、ホームーページ内に埋め込まれた画像や、リスト、表などに付いてもビジュアルで確認することが可能です。ハイパーリンク機能などもデバッグできるアプリケーションも多く、完成度を高めてからホームページをリリースすることができるようになりました。ただし、細かい修正などではHTMLベースで修正されることが現在でも多くあります。

pickup

オリジナルジャージ

property selection

2016/7/19 更新